医療脱毛ランキング

医療脱毛ランキング

医療脱毛ランキング

夏場のお肌のトラブル

敏感肌の人は、一年中お肌の悩みがつきません。

 

特に夏にお肌のトラブルを引き起こしやすいのです。

 

夏は気温が高くて湿度が高く、1年の中で最もやっかいな季節です。

 

まず、汗が原因のトラブルがあります。

 

海水浴に行くと海水の塩分でお肌はべたべた、場合によってはチリチリしたり、痒みがあります。

 

これと同様に汗をかくと、塩分がお肌につき、べたべた、チリチリ、痒いといった症状が出ます。
汗は老廃物を排出する役割を持っていますので、汗をかいたまま放置しておくと、雑菌が増殖します。

 

すると敏感肌の人はお肌が痒くなり、チリチリした痛みを感じます。

 

ひどい場合は、炎症を起こし赤い湿疹が出ます。
敏感肌で脂性肌の人はやっかいです。

 

肌に脂が多いと紫外線の吸収率も高くなります。

 

脂性肌の人が敏感肌というのはピンとこないかもしれませんね。

 

肌の表面は脂っぽいが、肌の内側は水分が不足している状態です。

 

このタイプは毛穴が脂で塞がれてニキビができやすいのですが、敏感肌のトラブルと合わさり炎症を伴うニキビが背中、首、鎖骨の下部にできやすくなります。

 

乾燥肌の人は、夏の日差しやエアコンのせいで、肌が乾燥し、水分やビタミンCが失われますます乾燥します。

 

そのとき汗をかくとヒリヒリして痒くなり、小さくて細かい湿疹が出ます。

 

また、べたべたするからといって、洗顔のしすぎも乾燥の原因になります。

 

皮膚の表面にある皮脂と汗が混じって皮脂膜を形成し、うるおいを保っているので、洗顔のしすぎは皮脂膜を取ってしまうからです。
年齢肌(老化した肌)の場合は、特に紫外線や汗の影響を受けやすくなっています。

 

紫外線対策を少しでも怠ると、すぐにシワ、シミ、たるみ、くすみの原因になります。

 

若いころとはまったく違って、ちょっとした刺激の影響も受けやすくなっているのです。

 

同じ年齢の人でも10歳違って見える人もいます。念入りなお肌のお手入れがこうした差を生むのです。

 

肌質によってお肌のトラブルも様々です。

 

紫外線、エアコンによる乾燥、汗、間違った洗顔など、特に夏は肌トラブルの原因がたくさんあります。

 

自分の肌のタイプを見極め、それに応じた肌のお手入れを顔だけでなく、全身のお肌にしましょう。